the big raw

Top Schedule  Profile Discography Goods  Link  Mail



■ News ■

■スーサン、Performanceに飛び入り参加  2012年2月
 
(←画像1)
2/18、広島SHELTER69にて久しぶりに行われた名物イベント、Performance。
主催でもある広島NO.1 R&Bバンド Creeperのステージに急遽スーサンがギターで飛び入り参加。
上下デニムで決めた彼は、おぼつかない喋りでオーディエンスを心配させておきながら、いざ曲が始まると圧巻のギタープレイ。
ハウリン・ウルフの「KILLING FLOOR」、Creeperの「能天気」を演奏。

まさに最高のperformanceであった。
■サトル、禁酒に失敗   2012年2月
 


ザ・ビッグロウの2012年の再活動に向けて禁酒をしていたサトルが、禁酒に失敗した。
最近、サトルがクラブやバーなどで「ほどほど以上に」飲んでいるのが目撃されているほか、メンバーの前に缶ビールを片手に現れたことも明らかになった。

過去、高知のクラブで酒に酔い、WILD MARMALADEのドラムの マット・グッドウインにケンカ腰で絡むなど、かねてから酒乱が噂されていたサトル。
今回の禁酒失敗をうけて、メンバーはじめ、友人たちは心配しているという。
■ニーヤンとムキムキ君、ワタナベマモル、シェキナと共演  2012年1月
 


1/21 広島 SHELTER 69 での、「ワタナベマモル」と「高木まひことシェキナベイベーズ」のライブに、ニイヤンとムキムキ君がゲスト出演、両者と6年振りの再会を果たした。
シェキナのステージにサプライズゲストとして登場した二人は、シェキナのメンバーと共に、ヒューストンズの「ヒューストンロック」を演奏。
そのままチャック・ベリーの「Johnny B. Goode」になだれ込み、ニイヤン、ムキムキ君、高木まひこ氏が即興の歌詞で歌い回すという見事なR&Rセッションを披露した。
さらに、SHELTER 69 のオーナー、ナカハラヒサロオ氏を加えて、ボブ・ディランの「I shall be released」を演奏した。
その後二人はワタナベマモル氏のアンコールに、シェキナのメンバーやナカハラヒサロオ氏と共に再び登場。
「Walking The Dog」と「ROUTE 66」の2曲を披露した。
当初、「Walking The Dog」の一曲の予定だったそうだが、ワタナベマモル氏が予告なく「ROUTE 66」を演奏し始めたため、急遽この2曲のセッションが実現したらしい。




 

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー